耳鳴りがする

耳鳴りというのは、周囲で音がしていないにも関わらず、音を感じてしまう症状であり、いわゆる耳の中で発生している雑音を指します。
人によって聞こえる耳鳴りの音は個人差があり、キーンという音の方もいれば、ザー、ジーといった音を感じる方もいて、難聴を伴うケースも多いです。
またいつも同じ音ではなく都度異なる音を感じる方もいらっしゃいます。
静かな場所にいるときに聞こえやすくなりますので入眠時に弊害となるケースが多く眠れないという方もいらっしゃいます。

考えられる病名とは?

突発性難聴、メニエール病、老人性難聴や、外耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症、中耳炎、内耳炎、外リンパ瘻、急性低温障害型感音難聴などが挙げられます。
このほかに耳の病気以外の原因も考えられ、抗がん剤や抗菌薬、解熱剤、抗精神薬といった薬の副作用、高血圧、自律神経失調症などで起こることもあります。

原因に考えられるのは?

耳鳴りは、突発性難聴やメニエール病など内耳の異常が原因であることが多いです。
また中耳炎や外耳炎などといった中耳や外耳道の疾患で発生することもあり、高血圧や貧血などといった全身性の疾患でも起こります。
また基本的にストレスや睡眠不足などのような環境や騒音といった身体的なストレスが続くと、自律神経の乱れによって耳鳴りが起こる場合もあります。
また、コンサートやライブ、ヘッドホンで大音量の音楽を聴いているときにも、内耳の蝸牛の感覚細胞が損傷を受けて耳鳴りが生じてしまいます。

対策方法は?

①メニエール病

内耳のリンパ液が増加したことで起こる病気ですが、リンパ液が増加する原因はいまだに分かっていません。
急に聞こえが悪くなることやめまいを伴う病気であり、突発性難聴と症状が非常に似ているのが特徴です。
しかしメニエール病の場合はこの症状を1度起こすと何度も繰り返すという点です。
一方の突発性難聴は1度なると2度なることは基本的にありません。

・対策
リンパ液のむくみを取る利尿剤により治療が行われます。
難聴がひどい場合は、安静にした上でステロイドの内服や点滴を行って治療します。

②突発性難聴

内耳による障害であり、神経の聞こえが悪くなる病気です。
メニエール病同様はっきりとした原因は分かっていませんが、ストレスやウイルスが原因ではないかといわれています。
突然聞こえが悪くなってめまいを伴います。
軽度の場合は聞こえが悪いというより耳が塞がったような感覚に襲われます。

・対策
安静にすることと、ステロイドの内服や点滴によって治癒を目指します。
基本的に早期に治療を始めないと遅くなるほど治りづらくなり、発症して1ヶ月経つと聴力が固定してしまうケースがあります。
そのため速やかに耳鼻科にかかりましょう。
ひどくなると入院が必要となり、安静な生活と点滴加療で様子を見ます。

③急性中耳炎

中耳に炎症を起こして耳に激しい痛みを伴う病気です。
特に小さな子どもがかかりやすく、黄色い膿の溜まった鼻水が出た後に耳管を介して細菌が中耳に入ることで発症しやすくなります。
大人の場合は耳掃除のやり過ぎによって、外耳道炎から中耳に炎症が進んでなることが多いです。
基本的に耳と鼻は耳管でつながっているため、鼻水がひどいときに強く鼻をかみ過ぎたり、鼻をすすったりなどするとなりやすいといわれています。
ひどくなると中耳に膿が溜まり、痛みだけでなく耳の聞こえも悪くなってしまいます。
さらには鼓膜に圧がかかるようになり、激痛を生じるようになります。
鼓膜が圧に耐えられない状態になれば鼓膜に穴が空き、耳垂れが出てきますが、基本的に鼓膜が破れると耳の痛みが軽くなることが多いです。

・対策
中耳炎は温まると悪化するため、お風呂は入らずにしばらくは耳に水が入らないように、ラップや耳カバーでカバーしてシャワーだけで済ませるようにしましょう。
子どもが痛みを訴えるときは耳の後ろを氷枕や保冷材を使って冷やすと痛みが和らぐでしょう。
軽症から中度の場合、抗生物質を内服して治します。
しかし重症の場合は鼓膜切開をしなければなりません。

④老人性難聴

老人性難聴は、徐々に聞こえが悪くなっていくような加齢による症状です。
神経が悪くなるものですから、現代の医学では治す方法はありませんので、補聴器によって聴力をサポートする必要があります。

・対策
耳鼻科へ行って補聴器を検討する良いです。
耳鼻科によっては専門の補聴器外来が用意されているケースもあります。

⑤耳管狭窄症

耳管が狭くなって開きにくくなる病気です。
耳管は耳の中の圧力を調整する機能を持つ器官ですが風邪や副鼻腔炎などの何らかの原因で耳管が腫れて狭くなります。
耳管狭窄症から滲出性中耳炎を起こすケースもあります。
症状としては登山したときやエレベーターの高層階に上がったときに耳が圧迫されるような感覚に似ています。

・対策
耳管の炎症を抑えるため、基本的には風邪や副鼻腔炎に関する治療が主に行われます。
ネブライザーや薬物療法、または鼻の奥から中耳に空気を送る耳管通気を行います。
また、これらの治療でも緩和しない場合は鼓膜、チューブ留置術と呼ばれる鼓膜に開けた穴にチューブを入れる手術を行うこともあります。

耳のお悩み

  1. 耳のお悩みを解決する技術

    坂口耳鼻咽喉科では年間1,000例以上の手術実績があります。 特に患者様のお体や生活の負担を最小限にするための「日帰り手術」は、…

  2. 耳鳴りがする

    耳鳴りというのは、周囲で音がしていないにも関わらず、音を感じてしまう症状であり、いわゆる耳の中で発生している雑音を指します。 人…

  3. めまいがする

    身体のバランスを保つための機能を平衡感覚と呼んでいますが、この平衡感覚があらゆる原因によって崩れるのがめまいです。 自分や周囲が…

  4. 耳垂れが出る

    耳垂れは耳から液体が流れ出てくる症状であり、「耳漏」とも呼ばれています。 耳から出てくる排液は水っぽいものもあれば、血が混じって…

  5. 聞こえが悪い

    聞こえが悪い症状は、難聴と呼ばれており、音や声などが聞こえづらくなる状態です。 病気によっては高い音域が聞こえづらい場合と低い音…

  6. 耳が痛い

    耳が痛い症状はあらゆる病気が原因と考えられます。 耳が痛い原因は、ほかの箇所から痛みを生じている場合もありますが、基本的には耳鼻…