めまいがする

身体のバランスを保つための機能を平衡感覚と呼んでいますが、この平衡感覚があらゆる原因によって崩れるのがめまいです。
自分や周囲がぐるぐると回転しているように感じるめまい(回転性めまい)や、ふわふわしたような感覚のめまい(浮動性めまい)、立ちくらみするようなめまいがあります。
回転性めまいは自分がぐるぐる回っているように感じることや天井や周りの景色が回って見えます。
急に起こる発作的なものが多くまっすぐ立っていられなくなる場合や三半規管でバランスが取れずに嘔吐することもあります。
主に内耳が原因と考えられています。
浮動性のめまいは地に足がついていないようなふわふわ浮いている感覚に襲われます。
動揺性めまいという症状もあり、これは足元がふらふらとして地面が揺れるような感覚に襲われるめまいで、内耳や脳の障害によって現れるといわれています。
立ちくらみのようなめまいは、耳などには異常はなく急に立ち上がるやお風呂から上がるときに目の前が真っ暗になったりするもので、脳に送られる血液の量が不足するために起こる貧血などの症状です。
これは自律神経が乱れると起こりやすくなります。

考えられる病名は?

良性発作性頭位めまい症やメニエール病、突発性難聴、内耳炎、慢性中耳炎といった基本的に内耳の障害や炎症が多いです。
血中のヘモグロビン濃度が薄くなる貧血、降圧剤によって急激に血圧が変動する高血圧症、脳に十分な血液が送られなくなる低血圧症、更年期障害、脳梗塞、脳出血などが挙げられます。

めまいの原因とは

急に立ち上がってめまいが起こる場合は、自律神経が機能していないことによって血管と心臓へ血圧の変動をうまく調節できなくなります。
そのことで血圧が急に下がって脳に送られる血液の量が一時的に少なくなり、くらっと来るめまいに襲われます。
また、パソコンやスマホのやり過ぎなどによる緊張状態やストレス、睡眠不足などによって自律神経が乱れてふわふわしためまいを生じることもあります。
この場合は肩こりや頭痛、耳鳴りなども同時に起こすことが多いです。
また耳の奥にある内耳という器官では平衡感覚を司るのですが、この内耳の異常で平衡感覚を崩して引き起こされ、ぐるぐる回るようなめまいが起こります。
多くは、難聴や耳が塞がったような感覚も同時に伴います。

耳の病気への対策は

①良性発作性頭位めまい症

めまいの原因の中でも最も代表的なものといわれるのがこの病気であり、中年の女性によく見られます。
内耳の三半規管の中に耳石と呼ばれる石が固定されているのですが、これが何らかの原因で外れてしまい、三半規管の中を動き回る状態になります。
そのため起き上がろうとしてり、寝返りをしたときに、またとっさに上や下を向いたときなどのように頭の位置を変えたときにぐるぐるとした回転性のめまいが起こります。

・対策
良性発作性頭位めまい症の場合は基本的に長く続くめまいではありません。
頭の位置を変えたときに起こるもので、長くて1分程度で治まります。
良性発作性頭位めまい症の特徴としては、安静にすることではなく、あえてめまいが起こりやすい方向へ頭を動かしてめまいを誘発させることで、耳石が元にあった位置に戻って固定され、次第に治癒していくと考えられています。

②メニエール病

内耳のリンパ液が増加したことで起こる病気ですが、リンパ液が増加する原因はいまだに分かっていません。
急に聞こえが悪くなることやめまいを伴う病気であり、突発性難聴と症状が非常に似ているのが特徴です。
しかしメニエール病の場合はこの症状を1度起こすと何度も繰り返すという点です。
一方の突発性難聴は1度なると2度なることは基本的にありません。

・対策
リンパ液のむくみを取る利尿剤を使った治療が行われます。
難聴がひどい場合は、安静にした上でステロイドの内服や点滴を行って治療します。

③突発性難聴

内耳による障害であり、神経の聞こえが悪くなる病気です。
メニエール病同様はっきりとした原因は分かっていませんが、ストレスやウイルスが原因ではないかといわれています。
突然聞こえが悪くなってめまいを伴います。
軽度の場合は聞こえが悪いというよりも耳が塞がったような感覚に襲われます。

・対策
安静にすることと、ステロイドの内服や点滴によって治癒を目指します。
基本的に早期に治療を始めなければなりません。
遅くなるほど治りづらくなり、発症して1ヶ月経つと聴力が固定してしまうケースがあります。
そのため速やかに耳鼻科にかかりましょう。
ひどくなると入院が必要となり、安静な生活と点滴加療で様子を見ます。

④慢性中耳炎

慢性中耳炎は中耳に対して慢性の炎症があって鼓膜は開いている状態です。
またひどくなると鼓膜がなくなるというケースもあります。
慢性中耳炎は基本的に耳の聞こえが悪くなる難聴の症状が代表的です。

・対策
鼓膜が開いているか鼓膜がない状態なので、耳の中に水が入っては感染を起こし危険です。
そのため、耳のカバーをすることや耳栓などを付けて入浴すると良いです。
手術を行うことで鼓膜の穴を塞ぐことができ聞こえも次第に治癒していき、耳垂れも出なくなっていきます。

耳のお悩み

  1. 耳のお悩みを解決する技術

    坂口耳鼻咽喉科では年間1,000例以上の手術実績があります。 特に患者様のお体や生活の負担を最小限にするための「日帰り手術」は、…

  2. 耳鳴りがする

    耳鳴りというのは、周囲で音がしていないにも関わらず、音を感じてしまう症状であり、いわゆる耳の中で発生している雑音を指します。 人…

  3. めまいがする

    身体のバランスを保つための機能を平衡感覚と呼んでいますが、この平衡感覚があらゆる原因によって崩れるのがめまいです。 自分や周囲が…

  4. 耳垂れが出る

    耳垂れは耳から液体が流れ出てくる症状であり、「耳漏」とも呼ばれています。 耳から出てくる排液は水っぽいものもあれば、血が混じって…

  5. 聞こえが悪い

    聞こえが悪い症状は、難聴と呼ばれており、音や声などが聞こえづらくなる状態です。 病気によっては高い音域が聞こえづらい場合と低い音…

  6. 耳が痛い

    耳が痛い症状はあらゆる病気が原因と考えられます。 耳が痛い原因は、ほかの箇所から痛みを生じている場合もありますが、基本的には耳鼻…